株式会社全商事
9時半~18時
土曜日、日曜日
2019年12月01日
婚活について

婚活してる人は性格悪い?

本日は、私の長年のテーマである「婚活」の話題について書いてみたいと思います。

どうして婚活が長年のテーマ?ということは置いておいて、婚活に関してはかなりの知識があると自負しております。

不動産と全く関係ないけど、人対人という点では、不動産での人づきあいも婚活も、私は同じだと思うのです。

私の結婚歴

本日も不動産と関係のない話を書きたいと思います。

時々書いておりますが、私の「第二のテーマ」である「婚活」について書いてみたいと思います。
まず、婚活というものを語るにおいて、私の結婚歴というものが避けて通れないので、こちらに書きたいと思います。
実は私、23歳の時と44歳に、二度結婚をしており、自慢できることではないけど(笑)、結婚に関してはほんのちょっと“知識”があると自負しております。
そんな自分の経験が活かせたらと思い、婚活にはかねてから大変興味を持っていたということもあって、今では不動産と並ぶくらい私の人生のテーマとなっております。


今日は婚活の導入編としての記事を書いてみたいと思います。

結婚したいけど出来ない女= 性格に問題が有る女

本日は「結婚したいけど出来ない女 = 性格に問題が有る女」という主題で考察してみたいと思います。

注:この考察の中で、一度結婚に失敗をし、婚活たるものを経験した私は勿論対象者たる事を十二分に自覚しております。


成人してから四半世紀が過ぎて導き出した考察の一つに、

「30歳を過ぎた未婚の男女が、結婚(再婚)したいのに出来ない場合、彼等は性格が悪い。」

というものがあります。

言い換えれば、

「結婚(再婚)をしたいのに出来ない30歳以上の男女は性格が悪い。」

ということとなります。

これはどういう事なのでしょうか?

相手の欠点を許容出来るか否か

世の中の人間が全員性格が悪いと仮定する。ー仮定①


ペアを組んでもお互いの欠点に妥協が出来なければ結婚には至りません。
じゃあ人類は滅亡するか、といったらそうはならず、


誰かしら妥協して徐々に結婚するカップルが出て来るだろう。ー仮定②


相手の欠点を受け入れている時点で、彼等は既に性格が良いのです。
少なくとも自分の主張を曲げずに未だに独身でいる人達よりは性格が良いはず。

欠点を許容出来る人の性格 > 欠点を許容出来ない人の性格 ー考察①

※そもそも結婚自体をしたくない男女は上記対象者から省かれます。


性格が良ければ、婚活する前に結婚してる

「婚活をしている」という会話をその人がしている時点で、
既にその人は性格に問題があると考えられます。

数々の候補がありながら、どれもピンと来ないとか、何かしら相手の批判をしてお断りをしているから、婚活しているのです。
彼(彼女)は自分の欠点を差し置いて、相手の欠点を受け入れられないのです。

本気で婚活をしていれば、本気で妥協するわけだから、直ぐに相手は見つかり結婚しているはずなのです。

(婚活の期間は半年以内が理想と言われています。ダラダラ長くすればいい人が見つかるというものではないのです)


つまり、
「婚活をしている」=「断り続けている」= 理想が高い
という事になるのです。

理想が高い = 自分と同等レベル以下の異性は避ける = 相手の欠点を受け入れる度量や優しさが無い≒ 良い性格とは言えない ≒ 性格が悪いー考察②

まとめ

以上の考察①、考察②より、

「結婚したいけど出来ない女 = 性格に問題が有る女」は正しいと考えられます。

確かにそれは私も身を持って感じています。

でも、相手の欠点を受け容れる優しさを持つことが大変だということも、婚活を経験した私には分かるのです。

結婚しない独身の男女が増え、そして離婚率も高くなっている昨今、婚活は大きなテーマだと感じております。

折を見て、この話題にもまた触れていきたいです。

この記事を書いた人
牧田朋美 マキタトモミ
牧田朋美
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 青山一丁目にございます株式会社全商事の代表を務めさせていただいている牧田朋美と申します。 趣味はアンチエイジングなのですが、それが高じてマラソンをすることになり、かれこれ11年走り続けております。 ブログには普段走って移動する私ならではの視点で気付いたことなど、日々感じたことを記事にしていきたいと思っております。 人当りはとっても良く、いつもニコニコです。 ただ、中身はかなりストイックな体育会系です。

お気軽にご相談ください

Form
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward