株式会社全商事
9時半~18時
土曜日、日曜日
2019年06月03日
全商事からのお知らせ

キャッシュレス化の手始めとしてpaypalの支払導入しました

ずっと憧れていたキャッシュレス決済、いよいよ弊社にも導入しました。

クレジットカードで毎月の賃料とか支払えるのって、けっこう嬉しいですよね。

手始めとしてはpaypalですが、もっと色々なサービスを利用できるようにしていきたいです。

ようやくpaypal導入しました!

弊社も遅ればせながら、クレジットカードでの支払いを導入いたしました。

paypalを導入したのですが、この手続きがけっこう大変で2週間くらいかかってしまいました。

クレジットカードで諸経費とか、月々のお家賃とか、更新料とか支払えたら便利ですよね。

ICカードやクレジットカードでお買い物が出来るって便利

私自身、現金派で全くなく、日々のほとんどの支払をICカード(PASOMOとwaon)、もしくはクレジットカードで支払いをしています。

クレジットカードで支払うとポイント貯まりますしね。

私は飛行機のマイルに替えることが多いのですが、マラソンでちょっと遠くに行く飛行機なんかは、このクレジットカードで支払った分のマイルがけっこう貯まっていて、正規で航空券を買うことってほとんどないのです。

そのような習慣から、すっかり現金を持ち歩かなくなってしまったのですが、現金しか使えないところで買い物しちゃったりで、真っ青になることもしばしばあります。

 

paypalは差し引かれる手数料が高い

私がキャッシュレス派ということで、弊社もキャッシュレス化を進めたいと、何年も前から考えてきました。

現時点ではpaypalだけですが、このpaypalは導入費用は無料でとてもいいのですが、paypalを通しての支払を受け取った際の手数料がけっこう高いのです。

30万以下の場合は3.6 % + 40 円。

10万円の賃料をpaypalで受け取ると3640円手数料がかかる計算ですよね。

これってちょっと考えちゃうお値段ですよね。

お家賃がクレジット決済出来たら、嬉しい人は沢山いる

家を借りる場合、クレジットカードで毎月賃料が払えるお部屋と、毎月銀行から振込みするお部屋、どちらを選ぶでしょうか?

私ならば前者を選んじゃうと思います。

仮に2000円高くてもクレジットカードで毎月お家賃を支払える方を選んじゃう気がします。

もちろん、現金派の人も沢山いるので、一概には言えないと思うけど、借り手、貸し手、そして間に入る不動産屋さん、みんなにそういう理解が広まっていったら、キャッシュレス化がもっと広がるんじゃないかなって思いました。

 

大家さんにもメリットがいっぱい

これからの時代、クレジットカードでお家賃が支払えるか否かを住まい選びの基準にする方って増えいくと思うのです。

仲介を依頼するならば、クレジットカード決済を行っている仲介会社に依頼された方がお客様の選択肢って広がると思うのですよね。

仮に賃料からその分の手数料を引かれたとしても、その方が結果的には得なのではないかと。

もちろん、借り手の方が、「現金で銀行振り込みにします」って仰れるのなら、わざわざクレジットカード決済にする必要はないですけどね。

借り手がなかなか決まらないなぁって悩んでいらっしゃる大家さんがいらっしゃったら、クレジットカード決済を検討されてみてはいかがでしょう。

今後、もっとキャッシュレス化を進めていきます

とりあえずpaypalは導入したけど、これから、もっと弊社もキャッシュレス化して、クレジットカードで支払いたい方が気軽に利用できる体制を作っていこうと思っております。

手数料の点とか、クリア―しなけらばならないことはあるけど、色々な支払が選べる“使い勝手の良い”不動産屋さんを目指して頑張りたいと思っております。

また随時こちらでご紹介させていただきますね。

お気軽にご相談ください

Form
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward