株式会社全商事
9時半~18時
土曜日、日曜日
2019年06月20日
不動産についてのあれこれ

住宅新報の売買仲介営業入門セミナー「資金編」に参加してきました

本日6月20日は、住宅新新報主催のセミナー「売買仲介営業入門セミナー 資金編」に参加してきました。

朝の9時半から夕方の16時半までと一日みっちりの講習だったので、今朝はランニングもせず(ランニングすると日中眠くなってしまうので)気合い入れて挑んできました。

長年不動産の売買をやってこられた講師の方のお話は、目からウロコの情報ばかりで、一語一句聞き逃せない講義内容でした。

講習のメインは住宅ローンの扱いと購入時にかかる税金

住宅ローンに関しては、どこの住宅ローンがおすすめとかではなく、お客様によって公的融資、民間融資を使い分け、それぞれのメリットとデメリット、そして繰り上げ返済のことについても、今まで何となく理解していた気になっていたことを、講師の方がテキストに分かり易くまとめてくれた上で、実務で重要なポイントを説明してくださいました。

学びたい時が学ぶタイミング

余談になりますが、人間、学びたいと思っている時が学ぶタイミングなのだとつくづく感じさせられた一日でした。

興味のないことなんて聞いているとすぐに眠くなってしまうのに、今日は面白くて「もっと聞きたい、もっと教えて」と講義に夢中になってしまいました。

お恥ずかしい話なのですが、うちの息子は今浪人中です。
ただ、全く勉強する気がないのです。
「やる気のない人間がどんな良質な授業に参加しても意味ないわけだ」ってつくづく実感しちゃいました。

予備校、止めさせようかな・・って真面目に考えております…(笑)

一番印象に残った言葉

本日の講習の内容は全てが重要でどれも聞き逃せないものばかりだったのですが、講師の方のお話で一番印象的だったことを、こちらに記しておきたいと思います。

「住宅購入希望者の借入可能額」の計算方法の説明で、その先生が長年住宅の売買をやってきて、沢山の住宅を購入される方々を見てきて感じたことが

「住宅購入する人って、その購入を考えている時が人生のピークにいることが多い」という一言。

私、物凄く納得しちゃいました。

新築マンションのモデルルームとかに居るご夫婦とかって、確かにそうですよね。

まだお子さんがいらっしゃらなくて、これから考えていたり、お子さんがまだ小さかったりで、皆さん一番希望に満ち溢れている時ですよね。

住宅購入っていうのは、まさにそういう人生のピークの時に決断されるもののようです。

(自分のこともあてはめて考えてみたら、まさにそうでした。笑)

まだ若くて、この先も夫婦二人がずっと仲良くて、いっぱい稼げる自信があって、人生希望に満ちてる時ですよね。

 

収入合算やペアローンの現実はそんなに甘くない

住宅ローンは、ご夫婦の収入を合わせて借りる「収入合算」や「ペアローン」等、多少無理しても高額のローンを組むということも出来るけど、その先生は個人的にはお勧めしたくないと話されていました。

夫婦二人でずっと元気に働けるとは限らないし、子育てでどちらかの収入が減るかもしれない。

うちみたいに離婚する可能性もないとは言い切れません(笑)。

「借入可能額」イコール「将来にわたる返済可能額」ではないという言葉もとても印象的でした。

住宅ローンの借入が可能だから買うことを勧めるのでなく、その方々に合わせたライフプランを一緒に考えることが重要だと私も強く感じました。

本日の講義の内容は、復習もかねて、少しずつこちらに記していきたいと思っております。

 

駿河台記念館を出ると、“坂フェチ”の私には見逃せないものを発見。

「池田坂」ですって。

どうして池田坂なのだろう?

今度はランニングできたいと思います。

 

本日も最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございました。

この記事を書いた人
牧田朋美 マキタトモミ
牧田朋美
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 青山一丁目にございます株式会社全商事の代表を務めさせていただいている牧田朋美と申します。 趣味はアンチエイジングなのですが、それが高じてマラソンをすることになり、かれこれ11年走り続けております。 ブログには普段走って移動する私ならではの視点で気付いたことなど、日々感じたことを記事にしていきたいと思っております。 人当りはとっても良く、いつもニコニコです。 ただ、中身はかなりストイックな体育会系です。

お気軽にご相談ください

Form
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward