株式会社全商事
9時半~18時
土曜日、日曜日
2019年07月02日
不動産についてのあれこれ

これぞ、最強の空室対策!?

テナントさんからの修理の依頼って、日々沢山入ってきますよね。
修理って手間もかかるし、面倒くさいですよね。
でも、この手間暇かかる修理こそが、大家さんとテナントさんの信頼関係を築く上で、とっても重要なことなのではないかと感じております。

テナントさんからの沢山の修理依頼

少しご無沙汰しておりました。
毎日更新しようと思っているのですが、雑務にかまけてダメですね。
気を引き締めて、また頑張りたいと思います。

ここ最近、テナントさんから修理等の依頼が続いていたので、今抱えてる案件がどのくらいあるのかを、ちょっと整理してみました。

上階からの水漏れ2件、庭木の植栽系3件、エアコン修理(交換になるかも)1件、排水関係の修理1件、設備の修理2件、消耗品の交換等1件という感じです。
この中で、一番大変なのは水漏れですよね。
上の階からの水漏れ、意外とよく起こります。
水漏れしている場所によって、修理の責任を負う人が異なるので、とても厄介な修理です。

 

手間暇がかかる修理の対応

このような修理の依頼は、テナントさんから弊社に連絡があるので、状況をお伺いし、そのような要望がきたことを大家さんにお伝えします。
大家さんから、こちらで修理を手配するよう依頼されたら、業者の選定をします。

業者を選定し、見積もりを依頼し、業者から見積もりでが出たら、大家に確認をし、その内容で進めてくださいとのことでしたら、業者に工事の依頼をします。

その後、工事が無事に完了したら、業者から請求書と報告書をもらい、ちゃんと仕上がっているかを確認し、OKならばオーナーに請求書と報告書を送って、一つの修理が終了です。

ちょっとした修理でも、これだけの手間暇が発生してしまうんですよね。

借主さん側ご負担の修理ならばここまでの行ったり来たりはないのですが、大家さんは自分が住んでいるわけでないので、どのように調子悪いのかも分からないし、そこは詳細をお知らせするのが、私たちの務めだと思っております。

 

大家さんが修理を惜しまい物件はとても快適に住める

弊社の大家さんは、本当に良い大家さんばかりなので、このような修理の依頼がくると、気持ちよくこちらに修理の手配を任せてくださる大家さんばかりです。
そんな大家さんのお部屋のテナントさんは、とても快適にお住まいになられているようで、短期間で出られる方がほとんどいらっしゃらないのが弊社の物件の特徴なのかなと感じております。
私は弊社の物件に住んだことがないので分からないのですが、これだけ皆さん長くお住まいになられているということは、きっと快適なんだろうなぁっていつも想像しております。


良いテナントさんに、長く住んでいただくことほどの空室対策はありませんからね。

賃貸借契約も男女関係も同じ

こう考えてみるのはどうでしょう。
修理を依頼された時は、“修理かぁ、お金も出ていくし、面倒くさいなぁ”と考えがちですが、逆の発想で、借主さんからの修理の依頼は“借主さんに長く住んでもらえるチャンス!”ってことで、喜んでみるのはどうでしょう?
よく考えてみると、修理等でよく連絡のあるテナントさんは、例外なく長く住んでいらっしゃいますね。
これって、恋人関係と似てるなぁなんてちょっと考えてみたりもしました。
恋人同士も、ケンカもせず、言いたいことを言わずに我慢して一緒にいる二人より、お互い言いたいことを言って、お互いの意見をぶつけ合っている二人の方が長続きしますよね。

男女関係と賃貸借契約も、結局は同じですよね。

何も言わないテナントさんは、お腹の中に抱えているものが大きいので、何かあった拍子に簡単に他に気持ちが行ってしまう。

でも、ぶつかり合って信頼関係を築いていれば、何かちょっと浮気心(?)が騒いでも、元さやに戻る。

修理はテナントさんと絆を深めるまたとないチャンス

そう言えば今日、更新契約のご案内をさせていただいたテナントさんがそうでした。
弊社のとても古い、こちらもやはり弊社お得意のヴィンテージマンションですが、このテナントさんからもよくご連絡をちょうだいします。
もう8年間、こちらの物件に住んでいらっしゃるテナントさんです。
大家さんの方も、長く住んで感謝しておられるし、テナントさんの方も、“住まわせていただいて感謝しております”という感じで、大家さんもテナントさんもお互い感謝されながら、賃貸借契約を更新されている感じがいたします。
とても理想的な関係だなぁなんていつも感心しながら、間に入らせていただいております。

空室率が騒がれている昨今、テナントさんから要望があった時は、大家さん側にとって、これとないチャンスと思って、食いついてみるのはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
牧田朋美 マキタトモミ
牧田朋美
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 青山一丁目にございます株式会社全商事の代表を務めさせていただいている牧田朋美と申します。 趣味はアンチエイジングなのですが、それが高じてマラソンをすることになり、かれこれ11年走り続けております。 ブログには普段走って移動する私ならではの視点で気付いたことなど、日々感じたことを記事にしていきたいと思っております。 人当りはとっても良く、いつもニコニコです。 ただ、中身はかなりストイックな体育会系です。

お気軽にご相談ください

Form
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward