株式会社全商事
9時半~18時
土曜日、日曜日
2019年07月03日
日常のこと

こんな仲介会社に要注意!

ここ最近の契約でお世話になった業者さん、とっても良いお客様をご紹介いただき、とても感謝しているのですが、「ちょっとこの会社大丈夫なの?」みたいなことがあまりに沢山あったため、不安に感じてしまった出来事を書いてみたいと思います。

ハラハラさせられる仲介業者さん

ここ最近の契約でお世話になった業者さん、とっても良いお客様をご紹介いただいて、大変感謝しているのですが、「ちょっと大丈夫なの?」みたいなことが多々あったため、不安になってしまいました。

チェーン店の不動産仲介会社に、ちょっとありがちなのかもって感じております。

こちらの業者さんは、地元ではチェーン店でけっこう頑張っている業者さんで、弊社も何度かご縁があって弊社の物件をご紹介していただいております。

営業の方もとても熱心で、その点は大変感謝しているのですが、今回のこの契約が終了するまではハラハラの連続でした。

どんな点でハラハラさせられたのか、ここに挙げてみようと思います。

 

こちらの業者さんと取引したのことは、私が関わったこの10年間で3~4回あるかと思います。

1回目は、とてもよく覚えています。

担当だった男性の方が、弊社の物件をお客様に案内されていた際、「僕は今日辞めるので」と最初から言っていたのです。

その今日辞めると言っていたその彼ですが、その日に辞めていなくなっちゃうのかと思っていたのですが、その後も電話をすると彼は出てくるので、「辞めないのか?」と尋ねたところ、「こちらの契約の手数料を受け取るまでは辞めない」ということで、契約が終了するまではいらっしゃったことを鮮明に覚えております。

責任感があって良いことですよね(^^)

ただ、その1ヶ月後くらいにその会社に電話をしたら、「○○は退職いたしました」みたいなことを言われたので、本当に辞めたんだなって思ったことを記憶しております。

その「今日辞める彼」がその会社との出会いでした。

仲介業者としての一番重要な連絡

その後も、何度か取引をさせていただいて、「今日辞めます」みたいなこともなく、特に問題もなく、順調に取引をさせていただいていたのですが、今回、久しぶりに「あ~やっぱりこの会社って・・」って思ってしまったのです。

今回担当してくださったのは、まだこちらのお仕事に慣れていない様子の若い彼。

それはけっこう最初の方のやり取りですぐに私は感じたので、メールでやり取りする際も、私がくどいくらい説明を必ず加えていました。

(この業者のこのオバさん、細かいところまでうるさいなぁって思っていたことと思います。笑)

最初、不安に感じる出来事があったのは、肝心なことの連絡が全くないことです。

私が「入金、契約日についていつになるのかご連絡をください」みたいなことを伝えても、全く連絡がありません。

これって、業者間で一番重要なやり取りなのですよね。

こちら側の後ろには、大事なお部屋を賃貸される大家さんが控えています。

大家さんは申し込みがあってから、契約の日時や入金の日時を一番に気にされています。

それを安心させてあげるのが、我々大家さん側の仲介業者の仕事ですので、申し込があって、そのお客様で決まって、まずしていただきたいことは、契約日と入金の日時をお知らせいただきたいのです。

それさえ伝えていただいていたら、契約書類は全てこちらで用意するのですから、先方の仲介業者は、それまでのんびりと待ってくださればいいのですから、ある意味、ラクですよね?

こちらも、それに合わせて契約書の作成や、入居にまつわる書類を取り寄せるので、契約日と入金予定日に関しては、絶対にお知らせいただきたいのです。

そのあたりをよく分かっていてポイントを抑えられている業者さんとは、とてもスムーズにやり取りが出来ます。

「外出中」とか「定休日」とか統一されていない

ただ、こちらの担当の○○さんは、お客様とのコミュニケーションがあまり取れていなかったようで、私がその手の質問をすると、ずっと返信がなかったりします。

こちらを散々やきもきさせて、返事がきたかと思ったら、「○○日に入金予定です」のような内容のメールが突然来て、「え、明日!?」ってことで、こちらはビックリしてしまうのですよね。


今回は契約の日時について、この担当の○○さんに伺っていたのに、一向に連絡が来ませんでした。

この感じだと、「お客様と連絡が取れないから、キャンセルしてほしい」っていうよくあるパターンかなって、こちらも覚悟をしたいた頃に、担当の○○さんからひょっこりとこんな内容のメールです。


「お客様が本日突然いらっしゃって、契約になりました」


契約が無事に済んだとのことで、とりあえず、キャンセルもなくなったようで一安心です。

契約の次は、入居の日が迫っているので、物件元の弊社は鍵を引き渡さなければなりません。

近くの業者さんなので、私が持参するのでご都合の良い日時をお知らせくださいとメールをしても、案の定、何の返事もありません。

この音信不通加減には私も大分慣れてきたので、今日お届けに伺うと電話をして○○さんんにお伝えしようとすると、電話に出られた他の方が、「○○は今外出中です」とのこと。

私「それならば、今日鍵をお渡しするために伺うので、○○さんに渡してもらうことは出来ますか?」

業「大丈夫です」

私「御社は夜は何時まで営業されておりますか?」

業「22時や23時くらまではいます」

(遅っ!そんな時間までいるの?)

私「それならば、本日の19時にお伺いいたします。」

と言って、電話を切りました。

約束した通り、19時に鍵を持ってその業者さんのところに伺います。

私「○○さんいらっしゃいますか?」

○○は本日は休みです

(え、さっきの電話で、外出中って言ってたよね?

ということは、さっきの外出中はウソだったの?)

この時点で、「この業者って大丈夫??」って思いますよね。

だって、休みならば休みでいいではないですか。

休みを文句言う人は誰もいないですよね?

それを対応する人によって、「外出中」って言ったり、「お休み」って言ったり、コロコロ変わる方がおかしいです。

この担当の○○さんも、お休みでメールの返信が遅くなかったとき、「メールに気づきませんでした」とか書くのですよね。

どうして、私にまでウソをつくのでしょう?

私は彼がお休みしようがそんなことは私は関心がないのですから、正直に「昨日は休みだったので、返信が遅くなりました」でいいと思うのですけどね。

なんかこちらの業者さん、そこが徹底されていない感じがしました。

それぞれの方の「定休日」についての扱い方をしっかりと統一された方がいいのではないかって思いました。

それぞれのずさんな管理が表目に

話を戻しますが、19時に鍵をお届けに行ったら、担当の方は「お休み」ということでしたので、それならば、こちらを○○さんにお渡しくださいと、鍵を渡し、預り証の説明等をお伝えいたします。

その方は、分かったということで受け取ってくださり、その時はそれで終了。

 

すると翌日、さらにビックリする事態が。

担当の○○さんからこんなメールがきました。

「鍵の引渡しの件、連絡が遅くなってしまいすみませんでした。

いただいたメールを見落としていました。(本当はお休みだっただけなのですけどね)

鍵の引渡しはどうなりますでしょうか?

自分が御社に受取に行ってもかまいません」

こちらのメールを見た私はビックリ!!

昨日の19時に鍵を届けに行って、別の方にお渡ししたのに、鍵を受け取っていないと言うではないですか。

確かに、鍵を受け取った人の対応は、随分とテキトーな感じで、ちょっと不安に感じだけど、さすがに大丈夫でしょうって信じて渡してきたのに、何?本当に受け取っていないの?

ということで、メールを読んだ私は慌てて○○さんに電話をします。

電話に出た方が○○さんだったので、

私「昨日の夜鍵を持って行ったのですが、受け取っていないのですか?」

と慌ててて尋ねます。

○○さん「え、そうなんですか、受け取ってないです。」

私「昨日の19時に御社に伺い、“眼鏡の人に渡しました”。(ちゃんと名前を聞いておかなかった私もバカでした)

今すぐに確認してください。

そして、確認が取れ次第、こちらに電話をください」

(この彼、こうやってちゃんと言わないと連絡くれないんです)


そこで電話を切ったのですが、5分くらいで折り返しがくると待っていたのですが、○○さんからの電話は待てど暮らせどありません。

1時間経ったくらいでしょうか。

さすがに私も堪忍の尾が切れ、またまた電話をします。

私「○○さん、いらっしゃいますでしょうか」

業「○○は他の電話に応対中なので、折り返しいたします」

私「あ、ちょっと待ってください!(この声は、絶対に“眼鏡の人”だ!)

昨夜の19時に、私、鍵を持参したのですが、その鍵を受け取っていないとのことだったので、今、○○さんに確認してもらうことになっていたのです。
鍵がちゃんとあるか、ちょっと確認していただいてよろしいですか?」

と私が言ったら、その電話口の“眼鏡の人”が「あ、○○があったって言ってますよ」って。

えっ!!それなら、どうして今まで電話してくれないの?ってなりますよね。

「それならば、大丈夫です」ということで、私は電話を切ります。

向こうからしてみれば、いちいちうるさい業者だなって思ったのでしょうね。

でも、重要な鍵というものの管理のあまりのずさんさに、驚きを隠せませんでした。

それから1時間後くらいに○○さんから電話があり、鍵ありました、連絡が遅くなって申し訳ありませんでしたと。

そして、預り証の扱いなどを質問されたので、なかなか理解してもらえず、何度も子供に教えてあげるように丁寧に説明したら、ようやく理解していただけたようです。

こんな仲介会社には物件を依頼しないでください

それまでのやり取りでも、「こちらの業者、みんなテキトー過ぎる」とは感じていましたが、鍵の一件でもう呆れて言葉も出ないという感じになりました。

しかし、契約書類だけは、ビックリするくらい完璧でした。

あの彼らにここまでの完璧さは絶対に無理なので、事務に関しては、プロフェッショナルな方がやっておられるんだなって感じました。

ただ、それ以外のことが、あまりにテキトー過ぎて、とっても良いお客様をご紹介していただいたけど、これではもう重要な連絡はこの業者を通しては無理だなって思ってしまいました。

ま、こういう業者さんは、お客様が入居されてからのアフターフォローは一切されないので、それはそれでいいのですけどね。

私のように何から何まで一人でやっている会社には想像がつかないほど、皆それぞれが責任意識がなく、テキトーに仕事をしているのだなと感じました。

地元ではかなりの店舗数もあり、良いお客様も見つけてくださるのですが・・、こんなものと思ってお付き合いするのが良さそうです。

基本的に客付けに力を入れているので、大家さんがこの業者に依頼することは少ないとは思いますが、こういう業者にお願いしてしまうと、こんな感じでお仕事されてしまうので、本当にお気を付けいただきたいと思います。

お気軽にご相談ください

Form
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward