株式会社全商事
9時半~18時
土曜日、日曜日
2019年07月07日
日常のこと

マルチエアコンとセパレートエアコン、どっちが良いの?

今、弊社の物件で、エアコンの交換工事があり、見積もりをとったのですが、その交換工事がけっこうなお値段だったのです。
これでは、大切な大家さんを困らせてしまうと思い、ここ数日、エアコンのことについて少し勉強をしました。
電気のことは苦手なので、細かい工事内容に触れることは出来ないのですが、勉強した内容を少しここにまとめておきたいと思います。

マルチエアコンとセパレートエアコンの違い

今回のエアコン交換するお部屋のテナントさんは、もう10年以上お住まいになられていて、大家さんがとても良い方なので、テナントさんもこちらのお部屋を大変気に入られていて、私が入社前からお住まいのテナントさんです(^^)

こちらのお部屋に設置されているエアコンが「マルチエアコン」なのです。
マルチエアコン、度々耳にはしますが、今回交換をするにあたって、このマルチエアコンというものをよく調べてみました。

マルチエアコンとは1台の室外機で2台以上の室内機を運転できるエアコンのことで、
1台の室外機で最大5台ほどの冷暖房を行う事が出来るエアコンのことをいうようです。

マルチエアコンのメリット

・室外機が1台で済む

マルチエアコンの最大のメリットは室外機が1台で済むので、室外機を設置する庭やバルコニーもスッキリし、スペースに余裕が出来ること。

・室内にエアコン用のコンセントが不要

こちらの大家さんに大分昔のことになりますが、マルチエアコンを導入した経緯を伺ってみると、エアコンの設置をしたいお部屋に、エアコンのコンセントがなかったからだったようです。
そう、このマルチエアコンは電源は室外機に直接供給されているため、それぞれの室内機側に専用コンセントを取り付ける必要がないということなのです。

・導入時の費用が安い

室外機も1台で済み、室内のコンセント工事も不要なため、エアコン導入時の費用を抑えることが出来るといメリットもあります。



家の中に何台もエアコンがあっても、1台の室外機で済み、部屋の中に電源も不要で、導入時の費用も安いとなると、マルチエアコンにしないメリットってないですよね。
マンションの場合、室外機の設置が限られたスペースのため、これってけっこう大きいですよね。


こんなメリットだらけならば、1台のエアコンにつき1台の室外機が必要な、通常のセパレートエアコン(マルチに対して普通のエアコンをセパレートと呼びます)の需要ってあるの?と思い、さらに調べてみました。

マルチエアコンのデメリット

そんなマルチエアコンにも、やはりデメリットがあります。


・同時運転で能力が落ちる

室外機1台で複数台のエアコンを運転しているので、
同時に複数台の室内機を運転してしまうと、やはり能力が落ちてしまうようです。

・室外機が故障してしまった時には、そこに繋いでいた室内機全てが使えなくなってしまう
今回のエアコンの修理がこちらのケースにあたるのですが、

室外機が故障してしまった時には、そこに繋いでいた室内機はすべて使えなくなってしまうため、複数の室内機をすべて交換することとなり、経済的な負担が大きくなってしまうのもデメリットの一つです。

・COPが低い

COPとは、エアコンの省エネを表す成績係数のことです。
それがマルチエアコンの場合は低くなっている、というのもデメリット。
そのためマルチエアコンは、同じような部屋を冷暖房する一般的なタイプのエアコンと比較しても、電気代の負担が大きくなる事になります。

・機種の選択肢が少ない

元々マルチエアコンは限られたメーカーからしか発売されていません。
いざ導入しようとしてもいろんなメーカーの性能や価格を比較して検討することが出来ないのもデメリットですね。

マルチが良いかセパレートが良いかはケースバイケース

今回、見積もりをとって感じたのですが、セパレートのエアコンと比較すると、価格が高いですよね。

マルチエアコンは室外機が1台で済むので、室外機を置くべランでも見た目がすっきりとした状態で複数のエアコンを設置できるメリットもありますが、
反面、室外機が故障してしまったら、全部の室内機も交換しなければならないなどデメリットもあるのですよね。

今回、こちらのお部屋の大家さんと相談した結果、費用面を考えるとマルチエアコンのメリットがあまり感じられないとのことでした。
したがって、マルチエアコンの交換費用内で、室内の電源工事を含めてセパレートのエアコン2台を設置できるのであれば、今後のことを考えて、セパレートにしておいた方が良いとの結論になり、セパレートの方向性で話を進めることになりました。


マルチエアコンは外観を損ねること無く、複数のエアコンを設置できるメリットもありますが、反面、室外機が故障してしまったら、全部の室内機も交換しなければならないなどデメリットも多くあります。
都心部など設置スペースが限られる場合には有効なマルチエアコンだけに、よく特徴を理解した上で導入を検討してみた方が良いのかもしれないですね。

今回のエアコン工事は、私もエアコンの勉強をする良いきっかけとなりました。

 

こちらの工事が完了しましたら、またこちらで報告したいと思います。

この記事を書いた人
牧田朋美 マキタトモミ
牧田朋美
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 青山一丁目にございます株式会社全商事の代表を務めさせていただいている牧田朋美と申します。 趣味はアンチエイジングなのですが、それが高じてマラソンをすることになり、かれこれ11年走り続けております。 ブログには普段走って移動する私ならではの視点で気付いたことなど、日々感じたことを記事にしていきたいと思っております。 人当りはとっても良く、いつもニコニコです。 ただ、中身はかなりストイックな体育会系です。

お気軽にご相談ください

Form
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward