営業時間: 9時半~18時 定休日: 土曜日、日曜日

私の通勤ランは三部構成で成り立っている

私が走る13km弱の通勤ランコース
私が走る13km弱の通勤ランコース

私は基本的に毎朝走ってくるのですが、大田区の自宅から南青山の事務所までフルで走ると13km弱なのですが、淡々と走るには、私には長過ぎるので、三部構成にして、自分を鼓舞して走るようにしております。

どのように自分自身を納得させてこの13kmをクリアしているかを本日はご紹介したいと思います。

電車通勤の時間にたった35分プラスするだけで通勤ランが出来る

本日はランニングの話をしたいと思います。
私の大田区の自宅から会社まで走ると13km弱。
これ、けっこう距離あるのですよね。
正直、ウンザリして、途中まで走って止めてしまうこともしばしば。
13kmというと、走っている時間で1時間ちょっと。
信号待ちとかの時間も入れると、なんだかんだ1時間15分は見ないといけません。
電車だと40分くらいなので、ランニングだと35分も余計にかかってしまう計算です。
でも、たったの35分プラスするだけで練習が出来るのならと思って、なるべく走って通勤するようにしています。

この通勤ランの13km弱なのですが、自分の中で無意識に三つのステージに分けていることが判明したので、
本日はそのことを書いてみたいと思います。

ステージ① 自宅→戸越 精神的に一番苦痛

ある意味、一番憂鬱な区間がこのステージ①。
走り出しは身体が重いし、これから1時間以上も走ると思うと嫌で嫌でたまりません。
戸越までは、基本上り基調で、特にこの季節は北風を受けながら毎日走ることになるので、嫌にならない程度のペースで走るように努めています。
都営浅草線の駅の西馬込、馬込、中延、戸越と一つ一つクリアしていくことで、ギリギリモチベーションを保とうとします。

精神的には一番辛い区間がこのステージ①

ステージ②、戸越→白金台 目黒リタイアの誘惑に打ち勝てるか?

戸越が過ぎると今まで上りだけだったのが、下り坂も出てきたりして、少し走りにリズムが出てきます。
桐ケ谷のあたりで、距離的にはほぼ半分なので、その時点で会社までのおおよそのタイムが把握出来ます。
でも、大体いつも同じタイム・・(笑)


山手通りを過ぎると、通勤ラン一番の難所の上り坂が待ち構えています。
上大崎の坂なのですが、私は「インドネシア大使館の坂」と勝手に名付けています。
この坂を上り切る自信がない時は左側にそれて「花房山通り」の坂を上って(結局坂を上るのは同じ)
目黒駅に逃げ込み、そこから電車に乗って通勤します。
その場合の距離は8km強。


会社までが13弱なので、あと5km走らずに会社まで行けるのに、ダメなときはその5kmが絶対に無理なのです。


話が逸れましたが、インドネシア大使館の坂を上がり切れば白金台。
ここまでがステージ②
このステージ②は、目黒駅リタイアの誘惑に打ち勝たなければならないのと、インドネシア大使館の坂を登らなければならない、精神的にも体力的にも難所となります。


目黒リタイアの誘惑に打ち勝ち、インドネシア大使館の坂を上り切れば、そこからはリタイアする選択肢がなくなるので、覚悟は決まり、逃げ場がなくなるので、やるしかありません。

ステージ③、白金台→青山一丁目 体力の限界に挑む区間

この区間は、精神的には大分ラクになります。
リタイアの選択肢がなくなるので(途中広尾駅もあるけど、広尾から電車に乗るメリットって皆無なのです)白金台から青山は4kmなので、どう転んでもゴール出来ることになります。
精神的にラクになる分、体力の限界が近づいてきて、その上、ここからはタイムとの戦いも始まります。


ステージ③では1秒も無駄に出来ないのです。
白金台から青山一丁目が4kmということは、キロ5で走っても(キロ5とは1kmを5分で走ること)20分ということなのです。
この白金台からの残り4kmは、体力を温存する必要がないので、自分の中での出来る範囲での力を出し切るようにします。


ステージ③で、信号待ちが出来る時は、神様に与えてもらった休息と思い、ガードレールに手をついて、ゼェゼェハァハァします。

目標タイムがクリア出来れば嬉しいし、出来ないとやっぱり悔しい。

そんな感じで私の一日は始まります。

精神的にもっとも憂鬱なのがゾーン①
目黒駅のリタイアの誘惑に勝つために自分の中の天使と悪魔が戦うのがゾーン②
1分1秒と戦い、体力の限界に挑むのがゾーン③

そんな感じの三部構成で私の通勤ランが成り立っています。

西麻布のファーストキャビンのワンちゃんがいなくなってしまった

そうそう、先日こちらの記事で紹介したファーストキャビンのワンちゃんが、とうとう2匹ともいなくなっちゃっていました。

西麻布のファーストキャビンのワンちゃんがいなくなった
西麻布のファーストキャビンのワンちゃんがいなくなった

昨日は1匹いたのに洋服を着ていなかったから、おかしいなと思ったのです。
こんなふうにわんちゃんが外された跡が(T_T)

ワンちゃんの外された跡
ワンちゃんの外された跡

今日は工事の人が出入りもしていたし、何かあったのかな・・。
また近況が分かり次第ご報告します。

この記事を書いた人

株式会社プラスアルファ牧田朋美
株式会社プラスアルファ牧田朋美
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 青山一丁目にございます株式会社プラスアルファの代表の牧田朋美です。 趣味はアンチエイジングなのですが、それが高じてマラソンをすることになり、かれこれ13年走り続けております。 ブログには普段走って移動する私ならではの視点で気付いたことなど、日々感じたことを記事にしていきたいと思っております。 人当りはとっても良く、いつもニコニコですが、中身はかなりストイックな体育会系です。

コメント