営業時間: 9時半~18時 定休日: 土曜日、日曜日

民泊を始めるための準備編②

海外の民泊 民泊ベッドルーム、とても綺麗にドレスアップされています
民泊のお部屋、とても綺麗にドレスアップされています

前回の民泊準備編①では民泊を始める上での4つの関門をお伝えいたしましたが、本日は運営を管理会社に任せるか、役所の手続きはどうするか等、より具体的なお話しをしたいと思います。

民泊の運営を管理会社に任せるか否か

さて、前回民泊の民泊を始めるための準備編①で、乗り越えなくてはならない大きな4つの壁を書きました。
ここで改めて向き合わなければなければならない、2つの大きな選択肢があります。

それは、運用を管理会社に任せるかー①
それとも、自分が全てを行うかー②
です。

お薦めは②です。
これははっきり申し上げれます。

民泊の運営を管理会社に任せた場合

勿論、①をお選びいただき、弊社に管理運営をお任せいただければ、私も潤うのですが、オーナー様にとっては管理手数料を収入の20%〜30%、我々に持っていかれてしまうばかりか、スタート時や閑散期は通常の賃料よりも下回り、楽しさは見出せないかと思います。
勿論、桜シーズンや年末年始等の繁忙期は、賃料を遥かに上回る収入が得られ、やって良かったと思えるかも知れませんが。
(②の楽しさとやりがい、①の実例については追って記事にします)

①は一般的に家主不在型、②は家主同居型と呼ばれます。


①の場合は管理業者に運営を任せなければいけません。
勿論タダではないので、以前の記事で申し上げた様に、収入の20〜30%の管理費用を差し引いて尚、通常の賃料を上回る利益を出さないといけません。

通常賃料 <  民泊収入 x 0.7

例:普通の賃貸借で20万円のお部屋の場合

仮に民泊で30万円を月に稼ぎ出しても、運営会社に30%持って行かれてしまったら
20万円(通常賃料) < 30万円 x 0.7(30%運営会社に支払う)=21万円
となります。

いかがでしょう?
通常20万円の賃料を取れるお部屋をお持ちのオーナーさんは、
上記の場合、30万円の民泊収入が有ってやっとプラス1万円。
つまり9万円も管理会社に取られてしまうんです。


桜シーズンやサマーバケイション、年末年始は家賃の倍以上稼げるかと思いますが、それもエリアによりけり。
エリアが良くても、物件の質や競合によって、収益は上下します。

経験上3DK以上のお部屋をお持ちの方が上手く運用出来ています。
単純に、一部屋に1人を泊めるより、三部屋に6人お泊まりいただいた方が利益になりますよね?

「9万円も取られるんだったら、バカらしいから自分でやってみようかな。」
と思った方は、始めてみても良いかも知れません。
ご希望なら、弊社がスタートアップのお手伝いを致します。

これさえ乗り越えられれば、あとは効率の問題です。

民泊開業にあたっての役所関係の手続き

以下、どの作業から先にやれば早く開業出来るかという話です。

これまでの経験から、

①保健所(生活衛生課)への事前相談…話を聞く。予め登記簿、図面を持って行くとベスト。
       ↓
②周辺への事前周知…接する住居、道路向かいの住戸、100m以内の教育施設全てに投函。
       ↓
③消防署への事前相談…管轄の消防署に図面を持って行く。
       ↓
④区役所建築課への相談…図面を持って行く。
       ↓
⑤法務局、区役所にて必要書類の取得…身分証明書、登記事項証明書等。
       ↓
⑥上記全てを終えて、再度保健所生活衛生課に相談…ここで揃えばほぼOK。
       ↓
⑦許可が下りたら、数日後に標識の交付…感動の瞬間です!

このナンバーが有って、初めて民泊サイトに自分の部屋を載せられます。

民泊の許可が役所から下りたらすべきこと

許可が下りたら、次はポータルサイトに載せる準備です。

⑧寝具の購入や、建具や水周りを直す手配をしましょう。
       ↓
⑨民泊制度ポータルサイトへの届け出…PCによる作業です。十数分で終わります。
       ↓
⑩各民泊サイトへの登録…お部屋の写真を撮ります。掃除をして、泊まってくれそうな綺麗なベッドを作りましょう。
       ↓
⑩お部屋を掲載…世界中の旅行者に向けて予約受付開始!

の順番が最短です。

書いているだけでも大変なくらい、色々な手続きが必要ですが、いざやり始めてみれば、意外と出来てしまうものです。
それでも、ご不安な点がございましたら、是非弊社にご相談ください。
アドバイスさせていただきます。

次回、効率良く利益を得られた経験談に基づいた、運用編を①〜④位までお伝えしていこうと思います。

この記事を書いた人

株式会社全商事 牧田朋美
株式会社全商事 牧田朋美
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 青山一丁目にございます株式会社全商事の代表の牧田朋美です。 趣味はアンチエイジングなのですが、それが高じてマラソンをすることになり、かれこれ13年走り続けております。 ブログには普段走って移動する私ならではの視点で気付いたことなど、日々感じたことを記事にしていきたいと思っております。 人当りはとっても良く、いつもニコニコですが、中身はかなりストイックな体育会系です。

コメント