営業時間: 9時半~18時 定休日: 土曜日、日曜日

文京区小石川と千代田区番町に行ってきました

仕事で用事があったので、会社スタートで文京区小石川と千代田区番町に行ってきました。
電車で行くのはちょっと面白みがなかったので自分の足で。

青山一丁目→文京区小石川を最短距離でランニング

先日、文京区小石川と千代田区番町の物件の下見に行ってきました。
どうせ下見に行くならば、ただ行くだけじゃつまらないと思い、会社から走って行くことに。
距離も分かるし、道も覚えるので一石二鳥。
こうやって走って移動する際私は、地図で徹底的に最短ルートを調べます。
50mたりとも遠回りはしたくないのです。

そんな私の、会社から文京区小石川までの最短ルートはこちらでした。

青山一丁目から文京区小石川を最短ルートで走ってみた
青山一丁目から小石川の最短ルート

会社→信濃町→四谷三丁目→曙橋→江戸川橋→お茶ノ水女子大学→小石川
という感じでした。
途中の江戸川橋のところには、こんな興味深いものもありました。

文京区の由来と大田区の由来

江戸川橋の北側に文京区水道っていう町名があるのですが、その由来がこちらに書いてあるようです。
「文京区関口」というのもあるのですが、昔は関口水道町だったみたいですね。
それと「小石川区」なんて言葉もありますね。
1947年に「小石川区」と「本郷区」が合併して「文京区」になったとのことです。
こちらも初めて知りま。

そうそう、全然関係ないけど、「大田区」の「大」はどうして「太田」の「太」でなく「大」かご存知ですか?

「大田区」って書く時、「太田」の「太」と迷っちゃいませんか?
名字によくある「おおた」さんは「太田」さんだから、「おおたく」の「おお」って点がつくんだっけ??ってなりません?
そんな私でしたが、こちらを知ってから迷うことがなくなったので、皆さんにもこちらをお教えしたいのです。

こちらの文京区が「小石川区」と「本郷区」が合併して「文京区」になったのと同様、「大田区」も合併してできた区なのです。
どことどこが合併したかというと、以前あった「大森区」と「蒲田区」が合併したのが今の「大田区」ということなのです。
そう、もう皆さんこれでお分かりですよね。
「大森区」の「大」と「蒲田区」の「田」を取って作ったのが「大田区」なのです。
だから「大田区」の「大」には点がないのです。
これでもう「大田区」と文字を書くとき、「太田」だっけ?ってならないと思います(^^)
これってけっこうすごい話じゃないですか?
「大森区」と「蒲田区」って、なんだか新鮮ですよね。

ずい分と話が逸れてしまいましたが、青山一丁目から文京区小石川までの高低差です。

青山一丁目から小石川までの高低差をガーミンで計測してみた
青山一丁目から小石川までの高低差

やっぱり青山って高い位置にあるのですよね。
大抵どこに行くにも下り基調です。ただ、江戸川橋のあたりからまた上っています。
この辺り、地味にきつかったです。
次に青山一丁目から小石川までの距離です。

青山一丁目から小石川までの距離をガーミンで計測してみた
青山一丁目から小石川までの距離

小石川から千代田区番町を最短距離で移動

次は、こちらの小石川から千代田区の番町に向かいます。
最短で走ったのだけど、ほぼ7kmですね。
注目すべきポイントは・・右下にある数字。
なんと33℃、通りで扱ったわけですね(-_-)
すでにへとへとだったので、電車に乗りたかったのだけどたいした距離じゃないので頑張りました。
こちらは小日向にある丸の内線をくぐるためのトンネルです。

私は階段を降りて向かったので、この道は歩行者しか通れないです。

茗荷谷駅近くの東京メトロ小石川車輛場
東京メトロ小石川車輛場

なんだかとっても長閑な景色で思わず写真を撮ってしまいました。

そして、小石川から千代田区三番町までの最短コースはこちら

小石川から千代田区番町を最短ルートで走ってみた
小石川から千代田区番町までの最短ルート

小石川→小日向→東五軒町→神楽坂→飯田橋→靖国神社→番町
こちらも最短のルートを走ったけど、アップダウンが多くてしんどかったです。
小石川から番町の高低差はこんな感じ。

神楽坂から千代田区にかけてはアップダウンがすごい

小石川から青山一丁目までの高低差をガーミンで計測してみた
小石川から青山一丁目までの高低差

神田川を渡るところで一度下がるけど、そこから神楽坂に向かってずっと上がって、九段、番町はさらに上がります。
番町が高級住宅街っていうのは納得です。

小石川から番町までの距離はというと

小石川から番町までの距離をガーミンで計測してみた
小石川から番町までの距離

私のガーミンでは4.67kmでした。
そんな長い距離ではないけど、その前の7kmとこの32℃という暑さで本当に参ってしまいました。
ここまでに飲んだ水分の量は、500km×3の1.5ℓ
10kmちょっと走るために1.5リットルも飲んでしまいました。
このペットボトルを買った金額を考えると電車に乗った方が安上がりだったかも^^;
ここから会社のある青山一丁目までは3kmくらいだったのだけど、走って帰る気力は全くなく、半蔵門駅から電車で帰りました。
やっぱり電車はらくちん!
以上、仕事で青山一丁目→文京区小石川→千代田区番町を走った記録でした。

この記事を書いた人

株式会社プラスアルファ牧田朋美
株式会社プラスアルファ牧田朋美
ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 青山一丁目にございます株式会社プラスアルファの代表の牧田朋美です。 趣味はアンチエイジングなのですが、それが高じてマラソンをすることになり、かれこれ13年走り続けております。 ブログには普段走って移動する私ならではの視点で気付いたことなど、日々感じたことを記事にしていきたいと思っております。 人当りはとっても良く、いつもニコニコですが、中身はかなりストイックな体育会系です。

コメント